ハイドロキノンが美白・シミ・肝斑(かんぱん)などに効果が期待できる言われていますがこれはなぜなのでしょうか。

まずシミの原因の一つにメラニンの過剰生成があります。
ですからメラニンが多く生成されるとシミになりやすいということなんです。
ハイドロキノンはこのメラニンの生成に働くチロシナーゼ酵素というものの活性を抑え、メラノサイトの働きを抑える効果があるということなんです。
さらにメラニン色素の還元作用により薄くする働きもあるということなんです。
こういったことからシミ、肝斑、美白に効果が期待できると言われています。

ハイドロキノンといってもいろいろある

ここでハイドロキノンを使ってみたいと思う方も多いと思います。
ハイドロキノンといってもいろいろあります。
いろいろといってもポイントは濃度です。
1%のものや5%以上のものまで様々です。
当然5%のものは効果が期待できます。
ですがここで副作用ということも頭に入れておかないといけません。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンには副作用があります。
その一番は白斑です。
少し前に白斑は話題になりましたね。
ハイドロキノンの濃度が6%など高いと白斑になる可能性が高くなります。
濃度がそんなに高くなくても継続して使うと白斑になる可能性があるので注意が必要です。

他には赤みなどが出ることもあります。

ハイドロキノンは皮膚科でも処方されているのですが普通に購入することもできます。
濃度が高いものを使うのであれば特に皮膚科で相談されるのも良いと思います。

普通にハイドロキノンが配合された化粧品もいろいろ販売されているのでそれらもチェックしてみると良いと思います。

おすすめハイドロキノンケアクリーム

ハイドロキノン配合の化粧品を調べてみるといろいろあります。
先ほど話した濃度も化粧品によって違いますし、ハイドロキノン以外の様々な美容成分が配合されています。
その中でいくつかおすすめのハイドロキノンケアクリームを紹介したいと思います。

ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

ハイドロキノン配合の化粧品として人気になっているのではないでしょうか。
ラグジュアリーホワイトシリーズは様々な化粧品があるのですが、ハイドロキノンといえばコンセントレートHQ110ですね。

商品の特徴は一般的なハイドロキノンというのではなく新安定型ハイドロキノンというものを使用しているということなんです。
では新安定型ハイドロキノンとはどういったものなのでしょうか。

普通のハイドロキノンは光や熱に弱く酸化しやすいということがあります。
それを安定させる物質BCDACを合成してできた新型の分子錯体結晶が新安定型ハイドロキノンということなんです。
これにより安定し、酸化しにくくなり、湿度や熱などにも耐性ができ、お肌に対する刺激感も少なくなるということです。

従来のハイドロキノンのデメリット部分を改善したということですね。

そして、ラグジュアリーホワイトのコンセントレートHQ110がシリーズ最高濃度で配合でポットケア専用の夜用集中美容液です。
スポットケアということでシミケアですね。

ラグジュアリーホワイトのコンセントレートHQ110も含めたトライアルセットがあるのでまずはそれを試してみるのが良いのではないでしょうか。

ポイント

■新安定型ハイドロキノン
■トライアルセットあり

QuSome ホワイトクリーム1.9

QuSome ホワイトクリーム1.9はb.glen(ビーグレン)の商品です。
b.glen(ビーグレン)といえば様々な化粧品を販売しており有名ですね。
その中でハイドロキノンが配合されていて人気になっているのがこのQuSome ホワイトクリーム1.9です。

商品の特徴はハイドロキノンに浸透テクノロジーQuSomeRと融合させることで効果のスピードアップと低刺激性を実現させたということです。

こちらもトライアルセットがあるのでまずはそれを試してみると良いのではないでしょうか。

ポイント

■ハイドロキノンに浸透テクノロジーQuSomeRと融合
■トライアルセットあり

ハイドロキノン化粧品の選び方

ハイドロキノンが配合された化粧品もいろいろあります。
ですからどれにしようか迷うところだと思います。
そこで選ぶポイントを紹介したいと思います。

ハイドロキノン濃度

ハイドロキノンの濃度はどれくらいなのかというところです。
商品によって違います。
あまり高すぎると副作用の可能性も上がるのでそのあたりは考える必要があります。

酸化・刺激防止対策

ハイドロキノンは酸化しやすく酸化すると肌への刺激もます可能性があるのでよくありません。
ですから酸化を防いで刺激を減らす工夫をしている化粧品などが良いのではなでしょうか。